住宅のベランダや屋上でみられる、屋上防水・ベランダ防水工事

ウレタン塗膜防水とシート防水について

一般の木造住宅では屋上はありませんが、RC(Reinforced Concrete=鉄筋コンクリート)住宅では屋根の代わりに屋上が存在します。

・ウレタン塗膜防水

・シート防水

・アスファルト防水

ウレタン塗膜防水

ゴムシートなどを張るシート防水などに比べ、複雑な形状でも簡単に施工でき、つなぎ目の無いシームレスな塗膜で美観に優れています。

改修時に建物の傷み具合や利用方法に最適な防水層を提供でき、改修工事用として需要が多いです。

5,6年毎にトップコート(最上位の塗膜)を再塗装することで15年程度の防水性能の保持が可能です。15年以上の改修工事でもウレタン防水層の塗り重ね(2,3回)で済み、防水層の全面撤去が無い分工事費が安くなります。

ウレタン防水塗膜の断面図

シート防水

伸縮性に富んだシート(ゴム系、エンビ系)を使用するので、建物の収縮に追従性する優れた防水材料。歩行用、非歩行用がある。

防水材がシートの形状の為、どうしてもつなぎ目に重なる部分が生じることと、防水下地の平滑りさが必要とされます。

防水シート自体の劣化が激しい場合はシートそのものの交換になります。このような場合は、旧防水シートの撤去作業が加わりその分工事費はかかります。このような状況になる前に補修工事をするのが賢い選択です。

シート防水の断面図

資料提供:全国のネット塗装店eペイント「屋上防水」より

2012年10月施工 藤沢市Y様 ベランダ床防水塗装

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-788-041

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。