家も環境も守る、やさしい塗装。光触媒ハイドロテクトカラーコート

光触媒技術を利用した自然の力で建物外装がキレイになる

世界初の光触媒技術を利用した自然の力で建物外装がキレイになる

汚れ防止効果はもちろん、いま話題の塗料、光触媒ハイドロテクトカラーコートには他の塗料にはない優れたエコロジーな機能があります。
太陽の光で汚れを分解し、雨を利用して洗い落とす、光触媒を応用した塗料。外壁に塗るだけで空気までキレイにできるエコな外壁塗装です。
効率よく外壁を守る汚れ防止効果の高さはもちろん、コストパフォーマンスも見逃せません。

水がなじむことで、汚れを落しやすい

親水性とは・・・

光触媒の親水力

光触媒は、汚染物質を分解する「分解力」や、雨水が濡れ広がる「親水性」という現象を発生させます。
これは、植物が太陽光を浴びて酸素を発生させる「光合成」に似ています。
つまり、光触媒は自然の力で壁の汚れを防止できる機能をもっているということです。
水をはじく「撥水性」に対し、水とのなじみをよくすることを「親水性」といいます。水が汚れの下に入り込み、浮き上がらせることによって汚れが流れ落ちます。
つまり、雨が降ると雨水が外壁表面に広がり、汚れの下に入り込むことで、汚れを浮かせて洗い流すのです。

【防汚】太陽が汚れを分解し雨で洗い流すセルフクリーニング効果

ハイドロテクトカラーコートなら、太陽が汚れを分解し雨で洗い流すセルフクリーニング効果で、キレイな外観を保ちます。

建物の美観の維持に加え、外壁色褪せなどの原因の一つと言われる排煙や排気ガスなどの油汚れを落とし、チリやホコリの吸着を抑制する効果があります。

セルフクリーニングのメカニズム

外壁表面についてしまった排気ガスなどの油汚れを分解し、汚れの付着力を弱めます。

@活性酸素をつくる

@活性酸素をつくる

光(紫外線)が当たると光触媒の表面に活性酸素が発生。

A汚れを分解

A汚れを分解

活性酸素が外壁表面に付いてしまった油汚れを分解し、汚れの付着力を弱めます。

B汚れを寄せつけない

B汚れを寄せつけない

空気中の水分で塗膜表面に水膜をつくり静電気を防ぐのでチリやホコリ等の汚れの吸着もおさえます。

C汚れを浮かせて洗い流す

C汚れを浮かせて洗い流す

雨水が外壁表面に広がり、汚れの下に入り込むことで、汚れを浮かせて洗い流します。

【抗カビ・防藻】ハイドロテクトの分解力が、カビや藻の発生を抑制。

ハイドロテクトカラーコートの分解力と抗カビ・防藻成分によるハイブリッド効果で、カビや藻の発生を抑制

建物の美観の維持に加え、外壁劣化の原因の一つと言われるカビや藻の繁殖を抑制する効果があります。

ハイドロテクトによる抗カビ・防藻のしくみ

外壁表面についてしまった藻やカビを分解し、雨水で洗い流します。

@活性酸素をつくる

@活性酸素が発生

光(紫外線)が当たると光触媒の表面に活性酸素が発生。

Aカビや藻が壁に付着

Aカビや藻が壁に付着

カビや藻が壁に付着すると・・・

Bカビや藻の繁殖力と付着力を弱める

Bカビや藻の繁殖力と付着力を弱める

活性酸素と抗カビや防藻成分がカビや藻の繁殖力と付着力を弱めます。

Cカビや藻は雨により流される

Cカビや藻は雨により流される

繁殖力と付着力が弱くなったカビや藻は、雨により流されます。

【空気浄化】光触媒作用で大気中の汚染物質(NOx、SOx)を分解!

大気汚染物質をハイドロテクトの分解力で浄化。塗るだけで建物周辺の空気までキレイにしてくれます。

1000uでポプラ95本分の空気浄化能力
光触媒の分解効果は大気中の窒素化合物(NOx)も同時に分解します。
ハイドロテクトカラーコートの空気浄化力は150uあたりポプラ約15本分を植えることに等しい効果をもたらします。だから家のまわりの空気までキレイになるのです。
人体に影響を及ぼす大気中の汚染物質を活性酸素で分解し浄化します。
光触媒作用で大気中の汚染物質(NOx、SOx)を分解

【遮熱効果】遮熱効果で建物表面への蓄熱・放熱を緩和

ハイドロテクトカラーコートはヒートアイランド現象を緩和する、地球温暖化対策にもなる、環境にやさしい光触媒塗料です。

ハイドロテクトの反射・放熱
ハイドロテクトカラーコートは赤外線を反射する能力の高い材料を使っているので、建物への蓄熱を抑え、大気への放熱を緩和します。

ハイドロテクトカラーコート

赤外線を反射

赤外線を反射

蓄熱しないから放熱もなし

蓄熱しないから放熱もなし

遮熱効果のない塗料

昼は蓄熱

昼は蓄熱

夜に放熱

夜に放熱